何もかも、今に始まったことじゃない。

ウルトラマン好き。めっちゃ好き。

同じウルトラマンですから!#7『インター・ユニバース』

もう最近忙しくてギリギリになってやっと書けるって感じなんですよ。

まあ別に暇でも余裕を持って行動できるほどできた人間ではないんですけど。

ウルトラマンが好きなので今日も書きます。


www.youtube.com

ウルトラマントリガー』

第7話『インター・ユニバース』

f:id:guren_ex:20210918020817j:plain

どぅん……

今回も面白かった!が。敢えて言わせていただくと、これはトリガーの面白さではないんですよね。Zという作品、ひいてはウルトラシリーズの面白さである。というのも、前回ベタ褒めしたトリガーの良さが生きていたかというと、意外とそうでもないからです。確かにケンゴとアキトの関係性が今回と次回でグッと進歩するところはある。だがしかし。それは5話であったような衝突や、4話であったような協力を繰り返して培われるべきものであったはずです。いやこれは悪口じゃない。惜しいなって気持ちの吐露です。Zのおかげで面白くなった!とかZがなければだめだった……などと言われたら僕はキレ散らかすことでしょう。僕はトリガーをトリガーとして愛しているので、そんなカスみたいな感想を述べられたら絶対に怒る。冒頭でこういう話しちゃダメなんすよね。最後の方にするべき。ウケる。

f:id:guren_ex:20210918020847j:plain

ゼットが進行役にならざるをえない天然空間。

各キャラクターの絡みが実に二次創作的といいますか、オタクの好きな感じといいますか、痒い所に手が届くといいますか。兎に角特性を活かした作りになっているんですね。ミリタリー的な組織に身を置いていたハルキが装備に興味関心を持ったり、バロッサとイグニスがお宝自慢をしていたり……。ここで凄いのが、持ち寄ってみれば結構近しいキャラがいたということに気付くのですが、個々の要素として見た時キチンと独立していて見応えのあるものに仕上がっているところ。露骨なまでにZ人気にあやかったのは怪獣型のロボットというところでナースデッセイがあるところくらいでしょうか。歴代要素をティガだけに絞ったのは勇気のある決断だったと思います。作品全体の批評してどうすんねん。誰か脱線してることに指摘してくれよ。

f:id:guren_ex:20210918020921j:plain

デザインの違いが面白い。

戦闘シーンが実に立体的だった。足元を映してしまうと動き回るための広場が見えてしまうのですが、それを建物とかアングルで誤魔化していてすごいなぁって思いましたね。ゼットの変身を再現するアキトくんの天才具合よ。かっこいいわ。平行世界からやってきたハルキに向かってウザいと言い切れないアキトくんがすっごく可愛いです。隊長もよくハルキをナースデッセイに置いてくれましたね。普通なら捕まりそう。少なからず被害出てるし牢獄でもおかしくはない。運良いよ。

 

ゼットとハルキの漫才。Z内では恒例になっていた漫才、他の宇宙でも健在です。R/B空間に近い何かがありますね。こうした作品の味がいつまでも生きていると嬉しい限りです。ハルキの表情が1年前に比べて随分と凛々しくなっていて、孫を溺愛する祖母のような気持ちで見ていたのですが、それはそれとして戦闘ではあんまり成長した感じしなくて面白かったです。愛嬌愛嬌。変身シークエンスがわからないってあんなにいじってもいいんですね。他のヒーローでは踏み込んじゃいけない領域になってるけども。あと変身するときのあの空間ってゼット本人に当たり判定あるんすね。笑った。ベリアロクも健気で可愛かったですが、何よりオリジナルの姿で操れるようになっていたのは驚きました。バラバ戦ではデルタが変身解除されたらベリアロクも消えていましたからね。番組の顔として出したい気持ちと展開の折衷案でもあったのかもしれませんが、成長の描写として良いものであったと思います。ベリアロクがオリジナルでも使えるならデルタでベリアロク使う利点はなくなるのでは……? グリーザ戦のドラゴンボール顔負けの戦闘シーンが好きだったので今後は徒手空拳デルタに期待しちゃいますね。

f:id:guren_ex:20210918021012j:plain

面白い画。

闇の三巨人。やっぱりドロンボーみたいな愛嬌があります。元ネタの三人は劇場版しか出番がなかったというのもありますが、それ以上に日常的な立ち位置が描かれると愛着がわく。情熱狂いのカルミラにもお茶目な側面があるんだなぁ。セブンガーファイトでしか登場していなかった宇宙セブンガーでしたが、今回登場したことで正史として受け止めやすくなりました。かっこいいよね。ファイトの情報によればキングジョーのシステムを踏襲して製作されているから見た目は可愛くても強いらしいです。ロケットパンチは未対応。宇宙じゃ撃っても回収できないだろうし仕方ないね。

 

キングジョーが盗まれたことに関しては元々こっちも鹵獲したものだしあんまり言えませんけどね。それも盗品でしたが。バロッサ星人が多発すること自体には文句がないというか、沢山出てくればいいじゃない程度に思っていますが、それはそれとしてバルタン星人みたいに出る度に少しずつ違う姿でも面白いなって思ってます。毎回違った武器を持ってくるのはそこを意識しているのかもしれません。まだそんなものあったの!?というような驚きが尽きないので見ていて楽しいです。コダイゴンジアザーの回、トリヤマ補佐官が可愛らしくて面白いお話です。サブスクのおかげで過去のお話が紹介しやすくなったのも嬉しい。良い時代になったものです。

f:id:guren_ex:20210918021040j:plain

顔。

ラーメンを食べに行こう!という流れも爽やかでいいですね。ウルトラマン同士ってお互いのことがなんとなくわかるらしい。ケンゴが地球文化にまだ慣れ切っていないという部分もしっかり活きていて楽しいやりとりになっていたと思います。天然×天然のタッグ、あなどれないぞ。助けてヨウコ先輩!!!! 声だけでも出演してくださってありがとうございました!

 

そういえば喋る鳥もいましたね。なんかよくわからんけどああいうのもいいと思うよ。

f:id:guren_ex:20210918021101j:plain

ややこしくなるからティガの力使うなって。

ゼットはまだ帰ってない!

去年のジードも二話連続だったしね!

次の敵はダダ!? え、パワード版!?!?!?!?!?

キングジョーも!? 何でもありか! 祭りだ!

次回『繁殖する侵略』


www.youtube.com

はいボイドラ。

流石に笑うだろ。

全部お前の仕込みかい。

トレギアが泣くぞ。

 

ナースデッセイ開発秘話。

文系ペダン星人ってなんやねん。新しすぎる。

毎度笑わせてもらってます。

 

俺と戦えッ!#6『一時間の悪魔』

まーじで書くの忘れてた。

書く。

ウルトラマンが好き。


www.youtube.com

ウルトラマントリガー』

第6話『一時間の悪魔』

f:id:guren_ex:20210911013205j:plain

どぅん……

これめっちゃおもろいの。マジで。記事書くの遅れたのなんでだろうねってくらい面白い。ベストトリガー間違いなし。現状ね。マジで面白い。これを見たかったって感じ。というか2話がこんな感じを期待してた。老害としては防衛隊が活躍するエピソードを見たいわけですよ。どうせ出るなら大袈裟なくらい活躍してほしい。

 

イグニスくん。ガッツセレクトの一員みたいになってるね君。動機としては「他人の星を踏み躙る輩が気に入らないから」。善人みたいな発言してる。「ヒュドラムに対して憎しみを抱いているから」という部分が先行するのでしょうが、それでも劇場版ジードのジャグラーくらいの立ち位置になってきました。毎回基地にグエバッサーの箒で潜入しているんだからそろそろ対策するべきだと思います。隊長もこんなやつを勧誘しないでください。確実に裏切るので。ジャグラーともちょっと違ったユニークさと過去を持っていますね。現状ではただのヴィランとも言い難い、不思議なキャラクターです。

f:id:guren_ex:20210911013247j:plain

イケメン補正かかってる。

ヒュドラム。今回は前回のダーゴン同様ついでのように現れた彼ですが、今回はトリガーの相手を担う重要な立場にいました。販促上彼がいなければ今回もトリガーが活躍して終わってしまっていたはずです。イグニスとの確執も描かれていましたね。どう考えてもヒュドラムが悪いです。サタンデロスくんのことを気に入っていたのでしょうか。なかなか可愛いところもあります。

 

ガッツセレクト。凄くいい。常人離れした身体能力を持ったイグニスに頼らなければいけなかったという点で非常に惜しくはありますが、ウルトラマンだけでは太刀打ちできない怪獣に対して戦略で突破するという描写は待ち望んでいたということもありかなり魅力的な物でした。ガッツファルコンの操作に事前のデモンストレーションが必要とわかったのもとても良かったです。こういう細かな掘り下げが欲しかった! そして何よりサタンデロスの撃破ですよ!これを待ってた! スカイタイプのファインプレーに続く猛攻での突破が見ていて気持ちよかった! ヒュドラムの意表を突く戦い方、めっちゃいい。

f:id:guren_ex:20210911013318j:plain

玩具発売まだー!?

トリガー。スカイタイプの活躍が多いですよね。ティガ本編でのスカイタイプが11回しか登場していないことを鑑みると素敵なことだと思います。パワーからのスカイとかも見てみたいですね。遂にランバルト光弾での撃破も見られてうれしい限りです。正確に言えば生き延びてはいるんですけど。まあ撃破判定で問題ないでしょう。躍動感が良かった。そういえば空の色がグラデーションになっていて驚きました。こんな工夫もできるんですね。特撮の可能性って無限大ですね。

 

サタンデロス。タイガに登場したギガデロスのリカラーロボット怪獣です。ギガデロスの登場するタイガ14話の記事はこちらから↓

guren-ex.hatenablog.com

過去の記事って今見るとちょっと拙くて可愛く見えるんですよね。よく頑張ってるなぁ。偉いぞ俺。閑話休題。光線技を受けると分身するというウルトラマンキラーな能力を持っていたギガデロスですが、何者かに改造されたという今回は分身機能をオミット。代わりに絶対の防御を獲得。1日1時間だけ活動し、23時間鎮座する恐ろしい奴です。実際トリガーが複数回挑んでも撃破に至っていません。なんだかジードのギエロン回を思い出す趣があります。1日1時間だけ進んでいく侵略、一瞬で終わらせる強力な宇宙人による蹂躙より怖いような気もします。そういった余計なことを考えると楽しい。ハイカラな色に塗り替えられているものの、夕陽に照らされて不思議な味わいになっているのもグッド。

f:id:guren_ex:20210911013152j:plain

サタンデロスのキャプ撮り忘れた。

特に教訓を得るようなテイストの回ではなかったものの、手に汗握る緊迫感のある面白いお話でした。こういう話も好き。これからに続くイグニスのバックボーンなども徐々に語られていっていますし、こんな感じの散りばめられ方なら見ていて不快感がないです。ユザレは暫く問いかけてこなくていいよ……最後まで話してくれないし。

f:id:guren_ex:20210911013132j:plain

ご唱和ください、彼の名を!

謎のロボットが落ちてきた!?

 

忍び寄る宇宙海賊、現れるのはみなさんご存じあのヒーロー!

 

次回『インター・ユニバース』

 


www.youtube.com

はいボイドラ。

なんかかっこいい人たちがカッコイイ話をしています。

わからんけど凄い。ジョーニアスも大出世ですね。

ぽっと出の戦神もそのルックスのおかげで馴染んでいます。

 

ナースデッセイ開発秘話。

なあなあに進んでいる感じ。ちゃんと縦軸に沿ってる感ある。最終的にはちゃんと開発しないといけないからね。

私たちは、人間は──貴方たちなんかに負けない。絶対に!#5『アキトの約束』

忙しくて書くの普通に忘れてました。

手短にいきます。

ウルトラマンが好きです。

ウルトラマントリガー』

第5話『アキトの約束』


www.youtube.com

f:id:guren_ex:20210902235057p:plain

どぅん……

花が好きなキャラを活かそう!という気概を感じたお話。無条件にルルイエだけをべた褒めしてるよりは遥かに良いと思う。花言葉花言葉ですよ今回の肝。

 

花言葉って素敵ですよね。耳触りの良いロマンティックな言葉だけでなく、心温まる優しい言葉、花の美しさに隠された恐ろしい言葉……色々あります。調べたことのある方もたくさんいらっしゃることでしょう。僕も文を書くのが趣味なので調べて使うなんてことをよくするのですが、この花言葉というもの、どうやって決まっているかご存じでしょうか。これがビックリ。勝手に決められたものなんですって。思いを込めて花を贈るのに、「これには〇〇って意味があるんです」といえばそれが通るんですね、自分勝手かよ。何処かの組織で話し合われて決められる……などといったことはないので、交配してオリジナルの花を作れば自分で花言葉まで考えられちゃうっていう。セコい。ここで僕が言いたいのは、実際花言葉というものが重要になることはあまりないということ。綺麗な花だから贈ったというようなことでも一向に問題はないし、逆に自分で考えた花言葉を送るのも素敵でしょう。大事なのは気持ちです。そう、気持ち。今回ケンゴがアキトに送った白いバラはアキトに対する心配だとか、応援の気持ちが込められているのです。そう考えて捉えると奥行きが出てきますよね。アキトのために花言葉を調べて、花を選んで贈るっていう。これを参考にお花を選んでいただけたらなって思います。嘘です。ルルイエの花言葉は十中八九『笑顔』です。

f:id:guren_ex:20210902235131p:plain

何しに来たんだこいつは。

「最初の怪獣」ということ以外バックボーンが一切なかった新怪獣のデスドラゴ。もう少し活動の理由とか気になるところでしたが、語られる前に闇怪獣にされてしまいました。攻撃に芸がねぇ。片方の角が過去に折られているっていうのは凄く良い味付けだったと思うので惜しいなぁって思ってます。スカイタイプの動きもめっちゃ良かったんだけど、トドメがよくわからん展開だったのでこれも惜しい。トリガーは喋らせないっていうルールを徹底しているみたいで、それを意識し過ぎたからこうなってしまったのかな。インナースペースで喋る分には雰囲気を損なわないのでいいと思うんですけどね。そろそろサークルアームズ以外でのトドメも見たい。

f:id:guren_ex:20210902235212p:plain

濡れてるのエロい。

今回はダーゴンくんのデバン。じゃなくて出番。人間を舐めているからあのレベルの追跡だったというロジックがあるので舐めプに関してはいいと思う。アキトもユナも頑張ってダメだったから引っ叩く!という流れはまだよくわからない、もう少し詰める余地があった気もするし、あれでよかった気もする。だってあの化け物に対して引っ叩く勇気があれば充分認められて然るべきだもの。ユナ、根拠なく自信あるよねあの子。ケンゴにとってのヒロインにならないならそれでも問題ない気はするけど。わからんわ。ガマクジラの潮とエレキングの電撃を組み合わせる戦法はグッド。ああいうのが好き。

f:id:guren_ex:20210902235246p:plain

スカイタイプが好きになっていく。

今回のメインはアキトくんよね。次回予告でサプライズ登場したガッツウイングからのガッツファルコンという流れ、やはり技術流出したのでしょうかシズマ父。バレなきゃいいと思っているのか。良いと思うよ。アキトくんは両親の一件があるから躍起になる……という歳相応の一面を見られました。そりゃスマイルスマイル言われたらキレる。俺だって多分キレる。でもケンゴはそういう暗い部分含めて払拭できたらって思っているんじゃないかな。それを理解できて、手を取り合えたらもっと高く飛べるはず。

 

でも謹慎中は出てきちゃダメだと思います。延長されてもやむなしです。

アキトくんなら復帰できると考えて冷静になる時間を与える隊長、クールですよね。でも持ち物検査はしっかりするべきです。家に銃器持って帰らせちゃダメでしょ!

今回ファルコンとナースデッセイなんかしたっけ。あんま覚えてないな。ナースデッセイ、常に飛んでる割には戦闘に参加しないので燃料の無駄な気がします。

 

なんか不穏な空気を醸すダーゴン。人間を見直した彼は今後どう動くのでしょうか。人間態を持つとかありえそうじゃないかな。三巨人の漫才をもっと見たいです。

f:id:guren_ex:20210902235328p:plain

三巨人のシフトってローテーションなんすかね。

一日一時間しか動かない破壊神、サタンデロス。

 

その絶対防御にどう立ち向かうのか!

 

次回『一時間の悪魔』


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

はいボイドラ。

めっちゃ溜まってる、ウケる。

見ての通り珍しいし豪華なメンバーです。

楽しんでください。

 

あとナースデッセイ開発秘話。

真面目な回もしっかりやるんですねこの人たち。

アキトくんや隊長の噂が流れてくるこの感じ、面白いよ。

俺──顔パスだから#4『笑顔のために』

コロナワクチンを打ちましたが、恐ろしいほど副作用が出ませんでした。

どうでもいいですね。

ウルトラマンが好きなので書きます。

ところでウルサマのコスモスイベントのチケットが取れました。嬉しいですね。


www.youtube.com

ウルトラマントリガー』

第4話『笑顔のために』

f:id:guren_ex:20210814004527p:plain

どぅん……

今回の話が現状一番好きかも。

というのも、番組開始前には特に注目していなかったどころか「闇の三巨人いるのにキャラ立ち大丈夫……?」と心配していたイグニスがめっちゃ良かったんですよね。この話を見てからは隊長と並んでトリガー最推しキャラの一人になりました。というか今回隊長もくっそかっこよかったしね。こうして期待を良い意味で裏切られると作品に対するモチベーションがぐぐっと向上していきます。

 

まずはイグニス。前回のヒュドラムとのやりとりや、ユナに対する動きでただの敵ではないことを明かしてくれましたが、今回はOPからかましてくれます。どう見てもトリガーダーク。アキトくんが担うと思っていた役割をまさかのこいつが……という驚きがありました。マガバッサーの箒、PVで見た時はジュランか何かかと思ってました。四話にして基地に侵入されるというのもなんというか面白い。テッシンは自慢の筋肉で特に活躍できるわけでもなく。隊長が戦うシーンってなんであんなに興奮するんでしょうね。初代のダダとか、XのサイバーゴモラVSゴメスとかが好きです。一言も発さずイグニスを追い詰める姿に痺れました。

f:id:guren_ex:20210814004406p:plain

デザインが楽しみやね。

遺跡調査に顔パスとかいいながら潜入するの、可愛い。天然なアキトくんやちゃっかりしてるユナ、これまたド天然のケンゴが織り成すトリガーのギャグシーンなんだか好きだなぁ。Blu-rayのCMもいいよな。なんやかんや気に入ってしまったよ。イグニスが雑に動いて騒動を引き起こすっていうテンプレ、かなり使いやすいんじゃないかなって思いました。メインキャラが失敗したり余計なことをするとヘイトが溜まってしまうのだが……だってイグニスはヴィランだしね。憎めないキャラ性もあって愛らしい子になっていると思います。

 

あとちょっとユザレ擦り過ぎよ。いつも同じところで消えるんだから伏線にもならん。今回はトリガーダークの回想に繋がったので微妙に話が進んではいるんですが。結構腕周りゴツくてかっこいいですね。

f:id:guren_ex:20210814004624p:plain

好きと好きの殴り合い。

今回ガッツファルコン良かったよ。アンカーでグビラを釣るっていう作戦、見応えがある特撮だった。頑張れイグニス!スマイルスマイル!のところ、最早制作陣の悪意が感じられるくらい面白かった。笑うわあんなん。頑張れじゃないんだよ。

 

そしてオカグビラ。何が陸なのかよくわからんけどオカグビラ。公式が陸というのだからオカグビラ。陸で暮らす方がまあドリルがある理由にはなるよね。一時は過ぎ去ったと思われていたグビラブーム、ここにきて再燃するのでしょうか。しっかりドリルを活かした戦いを見せてくれたし、コンクリをゴリゴリと削っていくシーンは感動しちゃいましたね。あとめっちゃ跳躍力がある。凄いなこいつ。

 

アキトくんとケンゴの二人はなんとなくのコンビネーションでどうにかやってきているので、見方を変えればバディモノとしても楽しめるのかもしれませんね。パワータイプが間に合わなかったらヤバかったし、アキトくんちょっと無茶しすぎじゃないの?

f:id:guren_ex:20210814004806p:plain

ド派手。

必殺技は今回もサークルアームズ。ちょこっと残念だったね。でも刃先で攻撃するのでなく、打撃として決めるのも凄く面白かったので良しとします。そういう使い方もできるのね……良い。こういう意外性で攻められると弱いです。

 

最後に闇の三巨人。不穏なダーゴンのカットで終わります。100年前から暗躍していたヒュドラムが裏切るとかはありそうな展開だったので、ダーゴンがそういった一面を見せてくれたのが意外でした。もっと三人が仲良くしてるところ見たいよ~~~~終盤に裏切りとか発生してくれ。ここも楽しみな要素ですね。

 

次回からは総集編なので僕もブログをお休みします。休憩は大事。

次回予告はニコニコの方で公開されていますが、どうせ明日の放送で見られるから問題ないね。結構びっくりしたよ。

 


www.youtube.com

はいボイドラ。

アーリートレギアの話。

うん。悲しいね。

総集編時のボイスドラマについては次回の記事で紹介するかも。

本当のスピードを見せてやれ#3『超古代の光と闇』

今日ウルサマ行って死ぬほど疲れてるし寝落ちするかもしれないけど書くわ。

明日ワクチン打ってくる。

ウルトラマンが好きです。

 

ウルトラマントリガー』

第3話『超古代の光と闇』


www.youtube.com

f:id:guren_ex:20210806221510p:plain

どぅん……

豊かなキャラクターが生きていたお話でしたね。「華がない」という言葉に対して睨みをきかせるヒマリ、そんな彼女には頭が上がらないマルゥルやテッシン……。こういう繊細な描写が愛着に繋がっていくので、徐々に積み上げていってくださると嬉しいです。医務室からいなくなったことを問い詰められるケンゴ、これはなかなか厳しい。防衛隊に所属するウルトラマンという特質上キツいってばよ。というか二話で問題なのは医務室からの脱走よりギマイラからの避難誘導時にいなくなったことだと思うんですけど……。しかし、そんな厳しさがあってこそ隊長とは輝くもの。現状トリガー最推しキャラクターのタツミ隊長を応援していきたいと思っています。

 

タツミ隊長といえば今回「ウルトラマントリガーを援護しろ!」ですよね。カタルシス等はまだまだ弱い状況であったように思われますが、それでも充分かっこよかったです。単純に僕が隊長のことが好きなだけかもしれませんけど。超クール。生配信などで見られる気のいいおじさんと隊長の役柄のギャップが非常に味わい深い。好きです。一応ガゾートの攻撃からファルコンを守っていますしね。無人機というのは全く新しい面白い設定である反面、ウルトラマンとのふれあいの場面が減ってしまっている分描写が難しいのかもしれません。

f:id:guren_ex:20210806221556p:plain

謎が謎を呼び過ぎて俺もよくわからんかった。

ガッツファルコンが前回と打って変わって大活躍! とはいえハイパーモードへの変形の意味があんまり感じられなかったので次回以降の活躍に期待といったところでしょうか。ここも難しいところなのかな。早くもウルトラマンを信じようとするヒマリとテッシンの姿勢に好感を覚えます。アキトも結構協力してくれるしね。アキトくんはユナへの好意を少しくらいは隠すべきだと思います。記事のタイトルにもした「本物のスピードを見せてやれ!」というセリフ、アキトくんがノリノリなのも面白いんですが、力強く頷いたケンゴが直後にキーをホルダーに仕舞いマルチタイプに変身するので大爆笑してしまいました。いやわかるよ、販促上大事だもんねマルチ。でもアキトくんちょっとびっくりしたと思うから後で謝りに行こう。俺も一緒に行くから。

 

トリガーにおいて重要なポジションにいるキャラ、イグニスの登場もありました。悪い奴ではあるものの、そんなに憎めない良い塩梅……。愛嬌がある敵キャラって凄くいいですよね。ヒュドラムに対して激昂するような一面を見せ、多角的に楽しめるキャラクターなのかなって思わせてくれました。闇の三巨人、トリガー、イグニス……三つ巴というのも面白いですよね。R/Bの時には実現しなかったことなので期待大といったところでしょうか。そしてガゾート。アトラク用のふわふわスタイルではありましたが、劇中で明確に「クリッターが主体の個体とは違う」と言ってくれたのでかなり気が楽になりました。良い配慮だと思います。雑に出てきた「トモダチ」はまあ別にいいや。いらんワードだった気もするしそうじゃない気もする……。

f:id:guren_ex:20210806224023p:plain

キレのいいやつ。

ヒュドラム。遂に三巨人が揃いましたね。礼儀正しく冷静で狡猾な敵……と思いきやお楽しみを邪魔されると激情する面白い奴です。地球が滅びるらしい。カルミラとダーゴンで必死に抑えつけるくらいなのだから相当なものなのでしょう。この三人愛らしいですね。カミーラたちの三巨人はただただかっこいいのですが、とっつきやすさを考慮すれば新三巨人の方が好きになれるかもしれない。というか既になってるかも。というくらいには良いキャラ付けだったんじゃないでしょうか。中盤にもなれば仲間割れや裏切りなどが発生してくるでしょうし、今のうちにこのわちゃわちゃを存分に楽しんでおきたいところですよね。

 

トリガースカイタイプ。かっけ。前回に引き続きティガのタイプチェンジを踏襲したスタイルでの変身。現代の特撮技術だからこそ活かせるスピード戦士らしい活躍でした。ヒュドラムとの格闘、迫力が凄い。デラシウム光流同様ランバルト光弾でのトドメがなかったので今後の戦闘に注目です。ヒュドラムに圧倒されたトリガーを新兵器ナースデッセイで撃退!っていうのは本当に良かった。夕陽の演出は去年もそうでしたが、坂本さんの強さが前面に出ています。美しくてかっこいい。見応え抜群よ。サークルアームズのバンク、構えが一番好きかも。独特の構えやね。

 

ストーリーとしては謎があまりにも多すぎるしまだキャラの顔見せ段階なので特に言及することもないかなって思います。複雑に入り混じるキャラ間の関係が魅力になっていくのかな?楽しみだね。

f:id:guren_ex:20210806224804p:plain

オカグビラ……?

イグニスの大暴れ!

目覚めた陸戦型グビラとの戦いが始まる──!

超パワーで立ち向かえ!

次回『笑顔のために』


www.youtube.com

はいボイドラ。

アンドロメロス回です。

これを全力で楽しむにはメロスの背景を知ったうえでタイガのボイスドラマを聴いてからこれを聴く……って感じでしょうか。微妙に長い道のり。

アンドロメロスの正史が明確になっていないのでファンの間でも結構議論が交わされるんですよね。いつかまとめてくれると嬉しいね。

 

ナースデッセイ開発秘話。

マグマ星人、美味しいキャラ。

手軽に楽しめる良い作品。纏めて販売してくれると買っちゃうかもしれない。好き。

それが……僕の夢見る未来なんだ#2『未来への飛翔』

最近ちょっと忙しくて

まあそういう時期ですよ

取り敢えず書くわよ、ウルトラマンが好きだからね


www.youtube.com

ウルトラマントリガー』

第2話『未来への飛翔』

f:id:guren_ex:20210730003259p:plain

どぅん……

今回も面白かった!

今回は良かった点と悪かった点が顕著だったような気がする。

 

良かった点!

なんといってもタイプチェンジ。ティガを踏襲しつつ、明確にパワーアップとわかる描写は非常に見応えがありますね。放送前一番心配していたところでもあったので実は結構安心しています。後半になっていけばバンクを省くことになるだろうからよりティガらしい臨場感のあるタイプチェンジが楽しめるのではないでしょうか。

ダーゴンとの戦闘シーンも迫力が凄かったですね。複数回戦闘のある話はお得感が抜群です。Zで一瞬しかなかった水中戦闘が遂に本格復活。一話の人形爆破もあって嬉しい流れです。あとダーゴンのキャラ付けが好き。ダーラムよりある意味では愛着がわいたかもしれない。

 

正体を隠そうとしないケンゴの天然さ、それを心配しつつも背中を押してくれるお母さん、こういった細かい描写がキャラクターに魂を込めてくれます。一話はケンゴ周りに人物を絞っていた印象だっただけに防衛隊を前面に出した二話はそりゃもうわかりやすい構成。個性豊かな防衛隊ガッツセレクトは、これまでの防衛隊以上にアニメチックな味付けがされています。シリアスな盤面にしにくいということはありながら、現代の情勢に合わせ明るい作風で行きたいという流れを汲んでパッと覚えやすいのは良いことだと思うのでこのまま貫いていただきたいですね。

f:id:guren_ex:20210730003515p:plain

水中いいわぁ

トリガーでかなり重要になってくるであろうキャラクター、アキト。ケンゴのスマイル発言をウザいと一蹴しつつ協力の姿勢を見せてくれます。まあ立場上協力しないわけにはいかないし多少デレるのは仕方ないね。ここでごたごたされても見ていて苦痛なのでよいと思います。「ウルトラマンの力を求めるも得られなかった者」と「意図せずウルトラマンになった者」という構図は『ウルトラマンオーブ』におけるガイとジャグラスジャグラーと重なりますね。最も、トリガーの二人はティガにおけるダイゴとケイゴをモチーフとしているのかなとは思うのですが。二人は今後も衝突を繰り返し絆を確固としたものにしていくのでしょう。そうわかっていながら楽しむのもオツなものです。

 

バンクが短いのいいよね。これまでのウルトラマン、特にオーブ~R/Bは玩具販促のためのバンクがまあ長い。ひたすら長い。タイプチェンジも長ければ武器も長い。それに比べてトリガーは全てのバンクが短いしテンポがいいしかっこいい。前回の記事で心配していたパワークローも良かったと思います。次回以降しっかりトドメを刺すシーンもみたいところではありますね。

 

悪い点!

僕がここについてはっきり書くのは珍しいことだったりしますね。別に嫌で嫌で仕方ないということでは決してなく、今回はストーリーラインがあっさりとしていて特に書くことがないので文字数稼ぎをしているだけです。

テッシンとヒマリのキャラ付けが難しい。これがアニメなら簡単に受け入れられるんでしょうが、実写ドラマのキャラクターとして地球の命運を背負った隊員が「なんでも筋トレで解決するんだよ!」と言ってきたり、成人女性が戦闘機を操作するとキャラが急変、地声に合わない大声を出させられていたりと「キツい」と形容されてもおかしくないような場面があったりします。まあ慣れだとは思います。僕らが見ていて慣れていくという意味合いもありますが、演者さんたちが役に慣れていく……ということもあるでしょう。だからそんな悲観することはないんじゃないかな。僕は大丈夫だったけど、共感性羞恥とかがあってしんどい人は見ない方が精神衛生上いいと思います。

f:id:guren_ex:20210730003434p:plain

がんばれ

ガッツファルコンの活躍。折角の初陣で活躍できず、続いての夜間ダーゴン戦ではエネルギー切れという。ナースデッセイも戦闘終わって怪獣いないなか出撃しても意味なくね?とは思ってしまう。販促上よくないし、待ち望んでいた防衛隊の完全復活だっただけにがっかりもしています。一話の放送日に玩具も買ったしね。この記事ではギマイラの扱いについての是非は問いません。それは「ガッツファルコンに負けるのなら良い」という認識が僕の中にあったからです。ギマイラは僕にとって一番大好きな怪獣でした。超強くてカッコイイと褒めちぎっていることは過去の記事を読んでいただければわかると思います。それだけ好きな怪獣だったけど、それでも防衛隊に負けるならそれもいいかと思っていたのです。それはガッツセレクトに向けた期待でもあり、信頼でもありました。勿論パワータイプの活躍が主題であったのだろうし、今後も活躍の機会はあるでしょう。だから言うのはここまでにします。

 

最後にデラシウム光流。これ一番嫌かもしれない。坂本さんによくあるやつ。光線のエフェクトなしに敵の周辺が爆発するだけのやつ。これ嫌。普通に嫌。ちゃんと当ててほしい。嫌。終わり。

 

最序盤から正体が複数人にバレているウルトラマンというのが防衛隊込みだと結構新鮮なんですよね。どういう風に展開していくのか非常に興味深いです。だからといってトリガーを説明するのに笑顔の未来云々言うのはどうかと思いますよシズマ父。お前が正体隠せつったんや。二話はバトルステージを見ているような気持ちであればめちゃくちゃ楽しめました。時には自らの視点を切り替えて楽しむというのも大切なことだと思います。楽しむための努力をしているから僕はどんなウルトラマンも愛せるのです。

 

あとOPかっこいいね。

 

次回はスカイタイプ登場!ということで期待大です。歳を取ってからティガのスカイタイプにドハマりしたんでね……まあもう見てるんですけど。

f:id:guren_ex:20210730003606p:plain

ヒュドラム、楽しみ。

次回『超古代の光と闇』

スカイにヒュドラム、ガゾートにイグニス!

てんこ盛りやね。


www.youtube.com

はいボイドラ。

ソラさんが楽しそうですね。以上です。

 

ナースデッセイ開発秘話

正直これが楽しみになってる。ボイドラ以上に。

世知辛い経費の話とか子供には受けないに決まってるのでこういう場所で消費してくれるのは嬉しい限りですね。無限に続け。

僕は──みんなを笑顔にしたいんだ!#1『光を繋ぐもの』

半年間の眠りから目覚めました、クソログです。

 

暑くなってきましたね。夏が来ます。

 

ウルトラマンが好きなので今年も記事を書いていきます。


www.youtube.com

ウルトラマントリガー』

第1話『光を繋ぐもの』

f:id:guren_ex:20210714015130p:plain

どぅん……

取り敢えず最初に言っておかなきゃいけないことなんですけど、僕は円谷信者なので基本的に褒めちぎります。disが見たい人や正常な批評が見たい人には向いてません。作品を好きになりたいとき、好きなのにTwitterでマイナス意見を見かけて凹んでいるとき、馬鹿の文章が読みたいときなどにオススメの記事となっています。よろしくお願いします。

 

半年ぶりに記事を書いているわけなんですが、どういう形式で書いてたのか思い出せない。去年に引き続きあらすじはカット。大体の感想でやっていこうね。継続することが大切です。

 

結構面白かった! 俯瞰してみてもかなり良い第1話だったと思います。数年後つべで1話がピックアップ配信される様子を想像してみてください……最終回までの展開が頭に入ってる状態で見ると更に楽しくなりそうじゃないですか?

展開の速さっていうのは中身が詰まっていれば充分認識できるものでして。友人と話していて情報量が多いって話になったんだけども、情報量が多くても取りこぼすようなことはなかったし、頭に入ってこなかったというわけでもないので特に問題はないと思いました。友人は今頃土に還って雑草の養分になっていることでしょう。巻きの展開のクセに無駄な時間があったりする作劇がダメなんすよ。その点トリガー1話は及第点を遥かに上回っています。良い。

f:id:guren_ex:20210714015252p:plain

親に心配かけるのは結構しんどい。

僕が憂慮していたのはティガに引っ張られて「トリガーらしくならない」ことだったんですが、全くそんなことはなかったので良かったんじゃないでしょうか。素敵な植物で人々を笑顔にしたいケンゴが、それを為すために戦わなきゃいけないって流れは非常にスムーズで見やすかった。あとOPなかったのビックリしたね。ウルトラマンだとあんまりない構成。オーブ最終回とかかな。多めに撮って切り貼りしていく坂本さんらしい気もします。

 

問題点というか粗が一切なかったかと言われればそんなことはないと思うんですが、その粗が良い点より目立っていなければいいんですよね。粗ってどんな作品にもありますよ。探そうとすれば幾らでも見つけられるので、わざわざ粗探ししてる人を見ると人生上手くいってないんだろうなぁと思って内心めちゃくちゃ見下してます。友達いなさそう。性格の悪さを自負していると楽に生きていけます。閑話休題

 

言葉が飛躍しているという意見もちらほら見かけたんですが、1から10まで説明してくる脚本が好きじゃないんで僕はこのくらいの方が好きです。ま、飛躍してたとは思ってないんですけど。文脈読んでたら普通にわかる流れじゃね?ところでこの打消し線、(暗黒微笑)みたいな独特の痛さがありますよね。なんでこの世に存在するのかわかりません。使ってる奴は数年後に読み直して頭を抱えればいいと思います。

f:id:guren_ex:20210714015353p:plain

綺麗~~~~

1話の良い点として挙げたいのは気持ちの良い戦闘ですね。僕は精神が3歳児なので、新ウルトラマン第1話!となればかっこよく決めてくれるウルトラマンが見たいわけですよ。綺麗に決まらないレオや戦闘シーンに入る直前で終わるガイア、グーパンで終わるネクサスなど、作品の雰囲気やドラマの重厚さを大切にした作品というのはそれぞれの良さがあるものの、ウルトラマンの活躍が蔑ろにされがちです。数週間前から楽しみにしてたのにいざお出しされた1話がこれ……! 次回を待つ1週間が地獄……!みたいな気持ちになったのかな、当時の子供たち。ネクサスキッズだった僕は何も感じませんでした。どうしてだよ。まあ1週間前まで最終決戦やってたんだからそれどころじゃなかっただろうけども。トリガー1話はレギュラーヴィランカルミラを押し出しつつ、きちんとゴルバーを撃破してくれていて楽しかったです。ピンチからの主題歌流れて逆転、やっぱこれだね。

 

ゴルバー、最初ソフビの画像を見たとき「なんだこのスク水野郎……」って思ったものでしたが、いざ実物を見るとなかなかかっこいい。メルザの方が語感良いと思いますけど。そしてサークルアームズ。毎年雑に消費される武器枠……と思いきやどうやら物語の根幹にありそうなやつです。キービジュの中心にいてビックリしました。初見の印象はあんまりよくなかったんですが、博品館劇場TDGで生で見たり、こうして劇中で使われているところを見るといいじゃん!ってなりました。ちゃっちいオタクです。初見の頃はそもそもティガバイアス(ティガのリブートに囚われている老害の意)がゴリゴリだったので武器の使用が気持ち悪かったのかもしれません。角膜を剥がし信者フィルターを装備、ティガバイアスを東京湾に流して正常な思考に戻ることができました。でもやっぱりパワータイプは武器使わなくていいんじゃねって思ってます。次回の放送で覆る様をぜひ見届けてください。

f:id:guren_ex:20210714015525p:plain

PVにもあったシーン。クールやね!

今回は無理にガッツセレクトのメンバーを出すことなく、次回に回していました。販促的にも良い塩梅なのかもしれませんね。シズマ財団の主にしてTPUの設立を行ったシズマミツクニが色々謎を握っているようで、これからの動向に注目です。大御所枠の演技は安定していて見ごたえがあります。ゴモラのキー使うのかっこよくて惚れた。シズマ父はティガを知っているようですが、ネオフロンティアとの繋がりがあるのか!?なんて考えたくなっちゃうのは番組初期ならではの楽しみ方ですね。今のうちに好き放題してしまいましょう。演技のことなんですけど、ケンゴが凄く良かったですね。恥じらいもなく、棒読みでもなく、現役アイドルらしくしっかり声が出ていて好印象でした。ヒロユキは棒読み感があってもあれはあれで可愛らしかったですけどね。1話から安定している人といえば長い芸歴を誇る濱田達臣くん演じる朝倉リクでしょうか。主人公が安定していると物語に没入しやすいので嬉しいです。棒だとそっちが気になっちゃって物語の中身を見るのに気が散っちゃうの。ハルキも良かったけどね!

f:id:guren_ex:20210714015434p:plain

文字通り妖艶な人。

カルミラはにしおかすみこって呼ばれてて笑っちゃった。「~~かい!?」ばっかだったからしゃーないね。情熱的なのが好きらしいです。トリガーくんは元々情熱的だったのでしょうか。サプライズで花束とか渡すのかな。ああいうの見るとどうやって持ち帰るんだろ……邪魔じゃないのかな……って思ってしまいます。僕自体雨の日に傘を持ってるのがしんどいタイプの人間なので花束とか渡されたら悲しくて泣きたくなると思う。マジでクソどうでもいい話をしてしまった。傘持つくらいなら濡れる方がマシとさえ思っていますが、土砂降りのときは流石に諦めます。というか雨の日はよっぽどのことがない限り外出しない。用事があっても捨てる。

 

戦闘シーンは去年好評だったジード&ゼットVSスカルゴモラを踏襲、パワーアップして帰ってきた手法でした。あれいいよね。側方倒立回転の瞬間は変な声出ちゃうくらい興奮した。坂本さんの持ち味とも言えるスピーディーなアクションは年々重厚感も増して素敵なものになっていますね。ゼペリオン光線めちゃくちゃ良かったよ。金の部分が光る演出、おおーーー!ってなった。ウルバトが続いてたら再現してくれたんだろうな。まさかの人形爆破にナパーム、雨など凄まじい無茶を連発していて出し惜しみをしない感じが本当に楽しかった。泥まみれもジードの時より酷くなってて良かった。人形爆破も自然な流れで挿入してきたもんだから唖然としたね。むかしのは人形が爆発する!って見てるとわかる感じだったけど今回の馴染み具合凄かったよ。技術の進歩を感じる。

 

いっつもそうだけど言いたいことって後から思い出すんだよね。なんか追記するかもしれん。兎に角面白かったぞトリガー! 次回以降も楽しみだ!

f:id:guren_ex:20210714015610p:plain

ダーゴン、既に好み。

次回『未来への飛翔』

パワータイプ登場回なのに飛翔!?

スカイタイプのために残しておいてやれよ!!!!

 

 


www.youtube.com

はいボイドラ。

今年は寡黙なトリガーくんにマイクを向けるわけにもいかないのでギャラファイに合わせた企画ですね。ここにいるグクルシーサーはジードのと別の奴なのかな?

ソラが自由人でなかなか味わい深い。頑張れリブット。

 

最後にナースデッセイ開発秘話。

展開が多いのは嬉しいんですけど書くことが増える。大変。

なんかコント番組見てる気持ちになれて良かったです。僕はこういうのが好き。

ぐだぐだ続いてくれ。

 

つか本編リアタイの後に開発秘話とボイドラ同時配信されるもんだからどっち先にするべきかわからなくなる。贅沢な悩みだよな。ありがとうウルトラマン